ブログ

節分の意味

2月3日の今日は節分ですね。

節分の意味は季節の分かれ目という意味だそうです。

ここでいう季節は立春

しかし現代では節分は、 ”豆まき””恵方巻き”を食べる日ですね。

それよりも季節の変わり目立春。

こちらの方に意味があるようです。

これは冬から春に変わる1年の始まりということで、

設定された日のようです。

一方、1年の始まりという事でゲン担ぎにも使われた日でもあるわけです。

ですから恵方巻。

恵方は北北西、北北西にはいい神様がいるわけです。

そちらを向いて願いを念じ食べるわけです。

・大阪の商人が商売繁盛を祈願した
・恵方巻きを鬼の金棒と見立てて厄除けの意味で食べていた風習
・豊臣秀吉の家臣が節分の日に海苔巻きを食べて次の日に勝利した

など言い伝えもあるようです。

そんなことから節分は設定されたようです。いい日なのですよ。

皆さんも今日を大切に!!

恵方巻食べて良い年にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です