ブログ

文芸漫談行ってきました。

刈谷梨です。

先日触れた「いとうせいこうと奥泉光の文芸漫談IN三川」
なるものいってきました!

チラシをちゃんと読んでなかった私は
会場の菜の花ホールにかかげられた
「三川町町制60周年記念」と
町長のあいさつで会場の客層の高さに納得しました。
たぶん、何回かやってる文芸漫談においても
かなり高めの平均年齢かと。

そんな中に混じってお題の
夏目漱石の「門」が始まります。

作品は途中までしか読めず、予習もしないで
授業に臨む気分も久しぶりにを思い出しました。
内容は、「門」の解説と時代背景や他の漱石作品とのかかわりとか、
漱石あるある話とか。
とんと使うことの無かった頭がぐるぐるします。
実に漱石の作家生活は10年ほどしかなかったとは
初めて知りました。
まるで、数十年ぶりの国語の授業のようでした!
(奥泉氏は大学の先生でもあるらし)

1時間半ほどの授業を終え、
サイン会もありました。

untitled

そんなこんなで 文学のゆうべは終わったのでした。

後日、友人の子供にすごく羨ましがられました。
いとうせいこう氏は今、Eテレの子供番組で人気なのでそうです。
30年間現役ってすごいな。
と思った刈谷梨でした。