ブログ

住宅工法の違い

住宅の工法の違いについて触れてみましょう。

木造
最も一般的工法で、
他の工法に比べコストを抑えることができます。
気になる耐震性については、
筋交いなどの複雑な計算が必要なので、
熟練した工務店や大工さんに依頼する必要があります。

2X4
2インチと4インチの部材とフレームを組み、
構造用には合板パネルを用いるので、
あまり大工さんや工務店の力量がなくても建てることができます。壁で支えるので耐震性は高いです。

鉄骨
耐震性、耐久性、遮音性にすぐれ、
間取り変更などの自由度も高いですが、コストが高めです。

RC(鉄筋コンクリート)
強さとしなやかさがあり、
耐震性、耐久性、耐火性、遮音性も優れていますが、
コストが高めです。

ちなみに当社はすべての工法を取り扱っています。
ただ総合的には鉄骨がお勧めです。

IBhome

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください