ブログ

春分の日

3月21日、今日は『春分の日

皆さん、春分の日は国民の祝日ですが「自然をたたえ、生物をいつくしむ」ことを
趣旨としている祝日だと、ご存知でしたか?
この祝日、1948年(昭和23年)に公布・施行された国民の祝日に関する法律(祝日法、
昭和23年7月20日法律第178号)によって制定された祝日なのですが、休日としては、
1878年(明治11年)改正の年中祭日祝日ノ休暇日ヲ定ム(明治11年6月5日太政官布告
第23号)による春季皇霊祭から続くもので、歴史のある休日なんです!

そもそも「春分の日」の春分とは二十四節気の一つで、〔昼と夜の長さが等しくなる〕
とされてている日です。
ですが実際には、昼の方が夜よりも長く、日本付近では、年により差があり平均すれば
昼が夜よりも約14分長いんだそうです(^_^;)
また仏教各派では、この日「春季彼岸会」が行われ、宗派を問わず墓参りをする人も
多い日です。皆さんもそうではないですか?(^^)

それでは、第6回目のSSS施工中の土木工事を紹介します!

山形県 最上総合支庁 建設部 発注の
平成25年度(県債)(一部債務)外河川等災害復旧事業外
25年災3403号泉田川外河川災害復旧外工事
 です。
山形県の工事名って長いんです(^^;)
施工場所は、山形県最上郡鮭川村でsekoukashoす↓

 
この工事は、平成25年7月の大雨等の洪水により被災した河川施設を復旧させる工事です。

IMGP0260

鮭川村の山ノ神地区を流れている沼前川の護岸を復旧しています。

IMGP0573

鮭川村の泉川地区を流れる、泉田川左岸の護岸工事の様子です。
川の水が少なくなる冬期間に河道を変え、施工しています。

IMGP0575

コンクリートの護岸ブロックを吊る為、専用の器具を付けて設置します。
このブロックは、1.0m×0.5mの大きさで重さが141kgあります。

IMGP0571

ブルーシートを使い、護岸に使用する前のコンクリートブロックを品質低下や汚れから、
防いでいます。
またブロックを設置する前の護岸に雪が積もらないようにシートで覆って施工しやすい
用に工夫しています。

この工事は、5月末までの工期です。
これから春の足音が聞こえてくるにつれて、雪解けが進み、川の水も増えてきます。
技術者の方々、重機オペレーター・作業員の皆さん、最後まで事故の無い様に
安全施工で頑張って下さい(∩´∀`@)⊃

工事が終わるときれいな護岸に復旧されます。
皆さん、工事が終わったら、この護岸の川沿いを散策してみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新の投稿

カテゴリー

カレンダー

2014年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

投稿者